開啟主選單

萌娘百科 β

27DAA.png
本條目描述的對象為死徒二十七祖之一,
其為■■人類史的產物,其為污染人類世界規則而存在者
Merem.png
基本資料
本名 メレム・ソロモン
Merem Solomon
別號 王冠、Four Demon The Great Beast、永遠的彼得潘
性別
髮色 黑髮
瞳色 紫瞳
出生年代 朱月還存活時
種族 死徒
萌點 義肢、戒指、死徒
所屬團體 死徒二十七祖
埋葬機關
親屬或相關人
朱月愛爾奎特愛爾特璐琪、黑翼公葛蘭索格希耶爾
相關圖片

梅漣·所羅門TYPE-MOON旗下月姬及其衍生作品的登場角色。

目錄

簡介

死徒二十七祖第20席,埋葬機關第5位。

與尼祿·卡奧斯、瓦拉齊亞之夜一樣,除了名字,其它的都和所羅門王沒有任何關係。

與黑翼公一樣,是朱月的追隨者。在朱月被消滅後,視愛爾奎特為朱月的正統繼承人。

對希耶爾來說是個討厭的前輩。古今東西之秘寶收藏家。

被認為之所以加入埋葬機關,是為了接近教會所封印的秘寶。

經歷

原本是能與動物進行心靈交流,具現人類願望的神子(星之終端)。

為了不讓他離開村子,村民把他斬斷手足後將其供奉了起來。

之所以斬斷其手足是出於“神子與人形態不同”這種信仰,以及單純地,為了不讓此方便的道具有能力逃跑。

(雖然跟某安哥拉曼紐的遭遇相似,但這邊才是真正的神子)

梅漣本應就這樣作為村民們的安慰品終其一生,但他卻與偶然路過的朱月初次相遇了。對“將人們的願望具現化的異能”感到很有趣的朱月,宣言要在黎明之時殺死全部村民。“如果想要活命,就用汝等的願望將我殺敗吧”,於是遊戲就這樣開始了。

村民們”抗拒死亡”的願望的確醜陋且強大。

不顧負責實現這些願望的梅漣的負擔,村民們不斷幻想“富有實力的神獸”,向朱月挑戰。

顯而易見,那些東西都不是朱月的對手。

村民的願望沒有結果,在黎明來臨前的一刻,具現著願望的梅漣迎來了自己的大限死去了。殘存的村民一邊詛咒著梅漣與朱月一邊相繼死去。

……之後。

在朝陽從地平線上升起的黎明之時,朱月給與已經斷氣的梅漣一吻,使其作為死徒而復活了。

“去遊戲於世間吧,用汝所喜歡的方式活著吧!代替己身手足之物,汝已描繪出數個了吧。這些代替品的願望原型雖然醜陋,但汝所繪之藍圖當屬名畫。——若是汝所繪之神像,當可擔負成為汝手足之重任。”

就如同被朱月的話語附體一樣。梅漣在“山村人們的信仰所塑造”的聖堂之中,描繪了四座神像,賦於他們成為自身手足的能力,第一次以人的形態站立於大地之上。

從那以後,懷抱著類似憧憬朱月的感情,宣誓成為只效忠於朱月——布倫史塔德的死徒。

在二十七祖背叛真祖,朱月駕崩之後決定隱居遁世,但不知何故,卻又加入了敵對的聖堂教會。

能力

Demonition。

梅漣所持有的異能,是第一階位的降靈能力。

只能具現他人的願望,自身的願望卻無能為力,這便是其特殊之處。不管持有怎樣強大的力量,只要獨自一人便什麼也做不了,這就是梅漣的生存方式。的確是惡魔般的生存方式啊。

梅漣的惡魔召喚接近於空想具現化,它是以人們的願望為原型,以梅漣的憧憬為其著色,所創作的類似之物。

雖然惡魔們的能力是符合人們想像的產物,但外形卻是依據梅漣的想像所決定,並且能力的大小基於梅漣的魔力而變動。

梅漣並不擅長於具現性格現實且善於計劃的惡魔。

說到底,他不過是活在空想世界中的“彼得·潘”。他所擅長的繪畫,所描繪的空想也都是“富有童話色彩的惡魔”。


注釋

2000-12-31 /《月姬資料集》:月姬用語辭典

死徒二十七祖
【用語/俗称】
20/メレム・ソロモン
埋葬機関の五。王冠の通り名を持つ。シエルにとってイヤな先輩。
古今東西の秘宝のコレクター。埋葬機関に所属しているのも、教会が封印している秘宝の近くにいたいためとか。

2001-08-12 / 《宵明星》Talk.

姫君
【名称/俗称】
メレムが口にする姫君、とはもちろんあの人のこと。
死徒たちにとっては鬼門である彼女だが、メレムはひどくお気に入りのようだ。
姫君が金を通貨に換えたり、飛行機のチケットを手配したりするのはメレムの入れ知恵。
姫君は無条件でなついてくるメレムを苦手にしているが、彼なくして世界中を駆け回る事は難しい。
作中の時期はアジトで平和に眠っている。


メレム・ソロモン
【人名】
フォーデーモン·ザ·グレイトビースト。
埋葬機関の五。王冠の異名を持つ。
四大の魔獣、と呼ばれる架空の魔獣を作り上げる悪魔使い。
死徒二十七祖の一人でもある。
表向きは左腕の魔獣で司祭を演じているが、その正体は十二歳程の少年。
子供故に気まぐれで、極端に人がいい時もあれば極端に残忍な時もある。
元々は小さな部落で生き神として奉られていた神子だった。
動物と心を通わせられる、という異能力だけでなく、人間の身勝手な願いをカタチにする、という能力を持って生まれた彼は、幼くして両手両足を切断され、人ならざるモノとして祭壇に奉られていた。
その状態が長らく続けばそれこそ生きながらにして神に成ったかも知れないが、それは通りすがりの真祖によって阻まれる。
以後、真祖の死徒となった少年はソロモンの二つ名を貰い、古い死徒の一人となった。

2006-08-10 / 《Melty Blood Act Cadenza PS2 解説ブック》月姬用語辭典

死徒二十七祖
【用語】
20/メレム・ソロモン
フォーデーモン・ザ・グレートビースト。死徒でありながら埋葬機関の五位。王冠の通り名を持つ、シエルにとってイヤな先輩。古今東西の秘宝のコレクター。埋葬機関に所属しているのも、教会が封印している秘宝の近くにいたい為とか。


埋葬機関
【組織名】
聖堂教会における、より専門的な異端審問の代行集団。
悪魔払いであるエクソシストではなく、悪魔殺しのエクスキューター。
完全な実力主義製で、能力があり教会にとって都合の悪いモノをしまつするのなら、誰であっても一員になれる。……まあ、ちゃんと洗礼はしてくれるし待遇もいいらしい。ナルバレックを含めた七人と予備のためのもう一人、計八人で構成される。
他国の退魔組織と協力する事は絶対になく、常に単体で行動する。彼らの権限は強く、時には教会の意向にさえ逆らって異端を排除する。例えそれが大司教であろうとも、悪魔憑きならば即座に串刺しにするのだ。この機関こそ協会における異端、と囁かれるのも当然だろう。
アルクェイドは教会側の要請を受けて、時おり教会と手を組んで死徒を滅ぼした。それを埋葬機関は快く思っていなく、リスト外であるアルクェイドを隙あらば封印しようと企んでいるらしい。
また、二十七祖であるメレム・ソロモン、エル・ナハトの両名が埋葬機関に協力している。ともに無理強いされているように見えるが、その真意は定かではない。

2006-08-20 / 《Character Material》 Prelude Explanation

聖堂
【用語】
それが、かつて幽閉されていた世界。
牢獄であると同時に心地よい胎盤でもあるのか、自由になった後も、それは外の世界を傍観し続ける。
かつてそれが想像した数多の“願い”は、この聖堂にあるものをモチーフにして生み出された。
それが憧れ、恋した唯一の外界は朱色の月のみであり、以後、月をモチーフにした想像はタブーとされた。


姫君
【名称/俗称】
金色大好き、黒いの苦手。
司祭が口にする姫君、とは言うまでもなくあの人のこと。このお子さまは口を開けば彼女のコトばっかりである。まったく成長していない。
一方、姫様は相変わらず司祭が苦手で、彼の友愛はものの見事に空ぶっている。反面、黒い方の姫さまは司祭が気に入っていて、隙あらば食べようとしているといないとか。

外部連結